詐欺ウォール Edge新バージョンへの対応について

マイクロソフト社にて2020年1月15日(水)にWindowsアップデートが予定されています。
それに伴い、Chromium対応した新しいMicrosoft Edge(以下新Edge)が同日リリースされます。
1月15日にリリースされる新Edgeでは今までご利用いただいておりました旧Edgeの拡張機能がご利用いただけなくなり、 詐欺サイトの検知機能をご利用いただけなくなります。 そのため、新Edge対応した新しい拡張機能を新たにインストールいただく必要があります。

新Edgeの見分け方

新Edgeをご利用のお客様は、Edgeのアイコンが下記に変更になります。
アイコンが変更されたお客様は以下の方法にてご対応ください。

新Edge対応の方法はこちら

※公開前の手順となりますので、変更になる場合がございます。

  1. 旧Edge が新Edge にアップデートされるとEdge アイコンが変更されます。

  2. 新Edge を初回起動すると案内が表示されますので、[始める]をクリックします。

  3. 旧Edge からお気に入りやパスワード設定を引き継ぐための画面が2 ステップ表示されます。任意の設定をスライドボタンで選択し[次へ]をクリックします。

  4. ブラウザ画面が表示されると、設定メニューに黄色のバッジが表示されます。[設定メニュー]をクリックすると旧Edge に設定されていた拡張機能に対するバッジであることがわかります。
    ※設定メニューに黄色のバッジが表示されない場合は「新Edgeで利用する場合」の方法をご確認ください。

  5. 一番上に表示されている、該当の拡張機能名をクリックすると下記の拡張機能のインストール画面が表示されますので、拡張機能名の横のスライドボタンをクリックしてON にします。

  6. [再度有効にする]をクリックします。

  7. 正常に終了するとデスクトップ右下に通知が表示されます。

  8. 新Edgeに機能拡張アイコンが表示され有効化されて移行完了となります。