Internet SagiWall

インストール方法 iOS版

iOS版のインストール

  1. App Storeでプログラムをインストールします。「入手」→「開く」をタップします。

  2. 使用許諾契約の同意
    使用許諾契約書の内容をご確認いただき「使用許諾契約に同意する」をタップします。
    ※「使用許諾契約」はリンクをタップすることでご確認いただけます。

  3. 「詐欺ウォールのライセンスを入力する」をタップし、「ライセンスを入力してください。」の欄にシリアル番号(または、ライセンス番号)を入力します。
    ※「購入する/復元する」ボタンはApp Store購入となりますので、ご注意ください。


  4. ライセンス確認の完了
    「OK」をタップします。

  5. 詐欺ウォールのご案内
    詐欺ウォールの検知エンジンや検知手法についてが順番に表示されます。
    詐欺ウォールを正しく利用するため内容のご確認をお願いします。





  6. 通知の説明
    「次へ」をタップいただき、通知設定画面で「許可」をタップします。
    「許可しない」を選択されると詐欺ウォールからのお知らせ通知を受け取れない状態になります。



  7. Safariでの詐欺サイト検知設定案内の表示
    「Safari検知機能の設定手順」をタップし、設定手順を確認します。
    Safari検知機能の設定手順ページの記載内容は、本ページ記載の手順8以降の内容と同様です。
    ※Safari検知機能はiOS15以上の提供となります。
    ※iOS14以下をご利用の方、またはSafari検知機能をご利用されない方は「Safari検知機能を利用しない」にチェックを入れてください。
    その後、専用ブラウザが起動します。



  8. Safariでの検知設定
    ご利用端末のホーム画面から「設定」をタップします。

    「Safari」をタップし、「機能拡張」をタップします。



    「機能拡張」一覧に「詐欺ウォールSafari検知機能」が表示されていることを確認します。
    その後、「詐欺ウォールSafari検知機能」をタップし、トグルボタンをタップして機能を有効にします。





    「"詐欺ウォールSafari検知機能"のアクセス権」下の「すべてのWebサイト」をタップし、「許可」をタップします。
    その後画面左上の「戻る」をタップし、すべてのWebサイトが「許可」されていることを確認します。





  9. Safari検知機能による詐欺サイト検知テスト
    ご利用端末のホーム画面に戻り詐欺ウォールアイコンをタップします。

    Safari検知の設定手順ページの手順10に記載されているURLをタップしSafari検知開始確認ページにアクセスします。
    画面上部より通知が表示されましたら、設定は完了です。





    Safariでヒューリスティック検知機能を利用するにはこちら をご確認ください。