Internet SagiWall

セキュリティ用語集:架空請求

インターネット詐欺

架空請求とは?

実際には利用していないサービスの料金を請求されるオンライン詐欺の一種。中にはサービスそのものが存在しないのに、請求される場合もあります。

アダルトやギャンブルなどを扱うWebサイトなどに多く、ワンクリック詐欺と組み合わせる形で用いられるケースが多くなっています。

架空請求の手口

アダルトなどのWebサイトなどで、無修正動画や無料動画サンプルとしてユーザーにクリックさせ、いったんクリックすると入会成立したとして入会料や使用料を請求されます。その際に、ユーザーが使用しているコンピュータやネットワークの情報を表示し、あたかも個人を特定しているように思わせることで、ユーザーの不安感をあおり、料金を支払わせようとします。

特にアダルトサイトの閲覧は、他人に相談しにくいために一刻も早く不安から解放されたいというユーザーの弱みにつけ込んだ悪質なものです。しかし、いったん支払うと、何度でも請求されかねないので、十分な注意が必要です。

架空請求の種類

架空請求にはいくつかの種類があります。

  • メール関係
    架空請求の内容を記したメールを不特定多数に送信するものです。
  • アダルトサイト関係
    いわゆる「ワンクリック詐欺」に該当するものです。
  • 出会い系サイト関係
    無料のAサイトに登録したはずが、他の有料サイトに登録されるいわゆる二重登録で、無料サイトに登録すると同時に有料サイトにも登録され、有料サイトから請求されます。
  • 電話(アダルトボイス)関係
    携帯電話などの着信履歴に残った番号へかけなおしたらアダルトボイスにつながり、料金を請求されるものです。

架空請求に遭遇したら

架空請求は、契約そのものが無効であるため、返信や連絡などをせず、無視するのが最も良い対応です。ユーザーを特定しているかのように表示されたコンピュータやネットワークからの情報だけでは、個人を特定することはできませんので、心配する必要はありません。

なお、実際にサービスを利用していても、事前の契約内容と異なる料金を請求することは「不当請求」と呼びます。

関連用語

 

インターネット サギウォールは、架空請求などを行う危険な詐欺サイトを検知して、ブロックする詐欺サイト対策専門ソフトです。
インターネット サギウォールで検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を月間リポートとして配信しています。詳しくはこちら  から

セキュリティ用語集TOPに戻る

詐欺ウォール / Internet SagiWallを
30日間試してみる